松重 和美 名誉教授

松重 和美 教授(MATSUSHIGE Kazumi: Professor)

 

2012年3月末日 定年退職されました。

  

  • 略歴
    • 1947年 福岡県生まれ
    • 1970年 九州大学理学部物理学科卒業
    • 1972年 九州大学大学院工学研究科応用物理学修士修了
    • 1975年 米国Case Western Reserve大学工学部高分子科学Ph.D.修了
      その後、九州大学工学部助手、助教授、教授を経て
    • 1993年 京都大学大学院工学研究科電子工学・教授
    • 1996年 京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー施設長
    • 2001年 京都大学国際融合創造センター長
    • 2002年 京都大学工学研究科インテックセンター ナノ工学高等研究院長
    • 2004年 京都大学副学長
    • 2005年 京都大学国際イノベーション機構長
    • 2005年 京都大学ナノメディシン融合教育ユニット代表
    • 2008年 京都大学工学研究科インテックセンター融合ナノ基盤工学部代表者
    • 2010年 中国清華大学客員教授
  • 専門分野
    • 分子エレクトロニクス、有機デバイス、ナノテクノロジー、電気自動車
  • 主な研究テーマ
    • 分子ナノエレクトロニクス
    • 有機超薄膜の構造制御と電子機能
    • 全反射X線回折系の開発と応用
    • SPMによる分子操作と分子メモリ開発
    • 有機系電子デバイス
    • 鉛フリーハンダ
    • 京都電気自動車の開発と普及